株式

ETFとは?【わかりやすく徹底解説】

ETFを徹底解説

 

現代では投資が非常に身近になってきており、
リスクも少なく運用できる商品も増えてきています。

中でもETFの登場は私たち個人投資家の資産形成に非常に大きな役割を果たしてくれる存在となっています。

今日はそんなETFについて徹底解説してきます。

 

 

ETFって?

 

ETFとは?

ETFとは、特定の指数、
例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、
東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

出典 : 日興アセットマネジメント

 

ETFとは、Exchange Traded Fundsの頭文字をとっていて、日本語では上場投資信託といいます。

つまり投資信託が上場してるってことです。

まずはその上場している“投資信託”とはなんなかというところを解説をしていきたいとおもいます。

 

 

そもそも投資信託とは?

 

投資信託とは?

投資信託とは、
私たち個人投資家などから集めたお金をファンドマネージャー(運用のプロ)が、
株や債券などさまざまなものに投資する金融商品のことをいいます。

 

具体的には私たちが証券会社にお金を持って行って、
そこでいくらか投資を行い運用を任せます。

その結果次第で私たちには運用益(運用損)が戻ってくるというのが投資信託です。

また投資信託には2つのタイプがあるので、
それも合わせて覚えておきましょう。

 

アクティブ型

アクティブ型とは、
私たちのお金を投資のプロを信じて託し(信託)、
株や債券などさまざまな商品を選択肢に入れて運用してもらうことを言います。

運用する人(ファンド)の力量次第で成績が変わるため、どこのファンドに投資するかの選定が非常に大切になります。

ひふみ投信などが最近では非常に有名ですね。

 

インデックス型

インデックス型は何かの指数、
たとえば日経平均株価やNYダウなどに連動するように商品が構成されたタイプです。

指数に連動するので透明性が高く、
成績はどこのファンドでも同じようなスコアになります。

 

 

ETFはインデックス型のみ

 

上場している投資信託(ETF)はインデックス型のみになります。

ですので私たちが購入する際に選ぶのは、
どの指数に連動しているかということが一番重要です。

インデックス型だけと聞いてがっかりした人がいるかもしれませんが、
20年以上運用した際、アクティブ型の成績がインデックス型の成績を上回る確率というのは20%程という過去のデータもあり、
アクティブ型のほとんどがインデックス型に敗北しています。

過去のデータなので未来がどうなるかは不明ですが、
なんの根拠もなくアクティブ型を購入するよりも、
過去から類推してインデックス型に投資するのが賢明な選択と言えるでしょう。

長期になればなるほどインデックス型は力を発揮するのです。

 

 

結局ETFとは!?

 

ETFとは、投資信託が上場しているもの

 

と覚えておけば問題はありません。

投資信託とETFの違いについては、
”【徹底解説】投資信託とETFの違い”に詳しく記載しています。

 

【徹底解説】投資信託とETFの違い投資信託とETFの違い 投資信託は1950年ごろから日本でも広まりはじめ、 現在では証券会社などから紹介を受けたことがある人...

 

ETFのメリットは株式と同じように売買ができ、
またインデックス型となるので手数料が安いところにあります。

ただ、購入手数料は個別株と同様にかかるので、
少額を積み立てていくのであればインデックス型の投資信託、
まとまったお金で購入するのであればETFをおすすめします。

 

誰でも簡単に投資できる時代

 

ETFの登場で誰でも簡単に投資ができる時代になりました。

これまで「株の投資で大損した」などのニュースをテレビやネットなどで聞いて、
”株ってこわいもの”ていうイメージを持っている人もいるかもしれませんが、
それは高いレバレッジをかけた場合や、個別株に投資した場合です。

個別株に投資していた場合、
その会社が倒産したが株券はただの紙切れとなりますが、
ETFは株式の集合体のため、倒産してしまう心配がありません。

またETFは様々な企業に分散されているので、
低いリスクにて運用を続けていくことが可能です。

 

銀行に預けていてはいけない

 

投資とは明日すぐにお金持ちになれるものではありません。

誰にでも簡単にできることは間違いないですが、
20年以上の期間で考える必要があり、非常に時間がかかることが問題です。

しかしながらこの超低金利時代、銀行にお金を預けているだけでは日に日にお金が減っていきます。

この衝撃の事実でピンと来ない方は是非、”銀行に預けておくだけでお金はどんどん減っていく!?”をチェックしてみてください。

 

銀行に現金を預けてるだけでどんどんお金が減っていく!?銀行預金は日に日に価値を失っている みなさんが会社からもらうお給料は銀行に振り込まれる人、 もしくは手渡しでお給料をもらい銀...

 

ですから今使う費用は現金として銀行に、
老後のための貯蓄などはETF等で長期にわたって運用していくことが非常に大切です。