お金

マネタリーベースとは? 【わかりやすく解説】

マネタリーベースとは

 

マネタリーベースとは

マネタリーベースとは、「日本銀行が世の中に直接的に供給するお金」の事です。
具体的には市中に出回っているお金である流通現金(日本銀行券発行高+貨幣流通高)と日本銀行当座預金の合計値です。

出典 : 日本銀行

 

上は日本銀行のホームページに記載があるマネタリーベースの説明ですが、少し堅く分かりにくいので簡単に分かるように説明していきます。

マネタリーベースを簡単に考えると、「市中にある現金」+「日銀当座預金残高」ということなります。

 

 

 

市中にある現金とは

 

”市中にある現金”というのは市場に出回っている現金のことを言います。

マネタリーベースの定義としては、
「日本銀行券発行高+貨幣流通量」という式でよく表されます。

これの日本銀行券とは紙幣の事をいい、貨幣とは硬貨のこと言います。

要は難しい式のように感じますが、
私たちが”お金”と考えているもののことを言っているだけですね。

これが市中にある現金の意味です。

 

 

日銀当座預金残高とは

 

この記事を読まれている方はお分かりだと思いますが、
わたしたち一般市民が銀行を使用するように、
銀行も銀行を使用しています。

銀行の銀行は日本銀行で、
銀行は日本銀行に口座を作り、お金を預けたり、また借金をしたりしています。

日銀当座預金残高とは、銀行が日本銀行に預けている総残高のことをいいます。

 

 

マネタリーベースが増減する影響

 

つまりマネタリーベースとは世の中に流通しているすべての現金の量とざっくりいうことができるのですが、これが増減することでどのような影響がでるのでしょうか?

 

  1. 日本銀行がお金を作る(マネタリーベースを増やす)
  2. 民間の銀行にそのお金が流れる
  3. 民間銀行がそのお金を企業へ融資する
  4. 企業への融資額が増えることにより好景気となる

と考えられています。

 

たとえば

日本銀行がお金を大量に作り、市中にそのお金を流します。

すると、

日本銀行 → 銀行 → 企業・個人

という流れでお金が流れていきます。

企業や個人はそれを投資に回し、
生産量を増やしたりして売り上げを伸ばしていくのです。

そうすることで企業の収益が増え、給料が増え、消費が増えると考えられているのです。

 

しかしながら現実はそううまくはいかないもので、
なかなか企業までお金が流れ出なかったりとの問題もあるのですが、
まず私たちはマネタリーベースの増減により、
国が今後どのような金融政策をとっていくのかの道筋を知ることが大切です。

それを正しく理解できれば国の方向性を理解した上で、自分の方向を考えることが大切です。

また現在、日本では異次元の金融緩和が行われています。

世界でも類を見ない程の金融緩和で借金を増やし続けている日本ですが、
金融緩和についてはこちらの記事で徹底解説しているので、
気になる方はチェックしてみてください。

 

金融緩和とは? そもそも金融緩和で何が起こる?金融緩和で何が起こる? 19日のブルームバーグによれば、日本銀行の黒田総裁が、為替相場で円高が進み、経済、物価情勢に影響を与え...