資産運用

【徹底解説】NISA・積立NISAって?

NISA・積立NISAって?

 

NISA口座は2018年末の時点で1246万口座が開設されています。

投資をやっている方ならほとんどの人が開設していると思いますが、
NISAには一般NISAと積立NISAの2種類が用意されています。

今回はそんな”NISA”について徹底解説していきます。

 

この記事で分かること

NISAと積立NISAってなに?
NISAと積立NISAのメリットデメリット

 

 

NISAとは?

 

 

 

 

小額投資非課税制度

 

NISAとは、毎年一定金額内で購入した金融商品の売却益が非課税になる制度です。

通常、金融商品の売買で得られた利益には、
約20%もの税金が発生します。

これがNISA口座での取引で非課税になります。

これは国が国民に投資を促進するように始めたシステムで、
イギリスのISAという同じ非課税のシステムを倣って作られたものになります。

 

 

NISAの種類

 

 

 

 

一般NISA

 

一般NISAは2014年にスタートした個人投資家の為の非課税システムです。

年間120万円の非課税投資枠が設定され、
5年間の非課税期間にかかる配当金や売却益等が非課税になる制度です。

 


金融庁より

投資可能商品は幅広く、
証券会社で取り扱いのあるETFは投資信託、
個別株にも使用することができる制度です。

ちなみに↓の記事では、
「ETFや投資信託の選び方」を徹底解説していますので、
こちらも併せて確認してみてください^^

 

ETF・投資信託の選び方ETF・投資信託の選び方 現代ではETFはインデックス型の投資信託の登場で、 投資のハードルが非常に低くなりました。 ...

 

 

積立NISA

 

積立NISAとは、小額から分散・長期積立投資を行うための非課税制度です。

年間の積み立て可能額は40万円までとなりますが、
20年間の非課税期間があるため、長期での資産形成に向いている制度です。

また、積立NISAで購入することが出来る商品は、
金融庁が認めた優良商品のみとなるため初心者の方にもおすすめの投資方法になります。

 


金融庁より

 

上述のように、積立NISAでは金融庁の基準を満たす商品のみに投資することができるため、
基本的にぼったくり商品というのはなく、
ほとんどが優良な(手数料等が良心的)投資信託となっています。

「そうはいってもどの投資信託がおすすめかわからない。。。」

という方は、
↓の記事でおすすめの投資信託を具体的に紹介しています^^

 

将来の資産を大きく変える!?おすすめの投資信託5選!おすすめの投資信託 5選 このブログでは長期の資産形成を進めていますが、 その中でも投資信託での資産形成というのは投...

 

 

ジュニアNISA

 

ジュニアNISAは上記2つとは特性が少し異なり、
NISAの未成年版といったイメージになり、
自分たちの子供などに親が長期投資で資産形成をしていくシステムになっています。

年間80万円までの非課税投資枠で、
非課税期間はNISAと同様5年になります。

ただし、口座開設者が18歳になるまで払い出しはできないので注意が必要です。

 


金融庁より

 

 

NISAと積立NISAは併用が出来ない

 

これまで上で説明してきたように、
NISAと積立NISAはそれぞれ特徴が違うタイプの節税システムですが、
どちらも併用するということはできず
必ずどちらかを選択する必要があります。

どちらかを使った年は変更することが出来ませんが、
翌年になれば変更をすることもできます。

 

 

まとめ

 

ここまでNISAと積立NISAを徹底解説してきました。

NISAと積立NISAはよく比較され悩まれる方が多いので、
別記事にて徹底比較をしていきたいと思います。

 

 

NISAはどちらを選んだとしても非課税になるお得な制度ですので、
投資上限額まではNISAを使用して投資を行うのがおすすめです。

また、ジュニアNISAについては、
18歳まで解約ができない資金拘束リスクがあるので、
慎重に検討した方がいいでしょう。